開催概要

1.会 期

平成21年6月26日(金)〜28日(日)3日間

1)6月26日(金):理事会、各種委員会などを開催
2)6月27日(土)・28日(日):学術集会を開催
3)6月28日(日):評議員会・総会を開催
4)6月27日(土):総懇親会を開催
5)6月28日(日):細胞診専門医会を開催

2.会 場

京王プラザホテル
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-3344-0111(代表)

3.学会テーマ

伝統そして飛躍

4.総会事務局

癌研究会有明病院細胞診断部
事務局長:古田 則行
〒135-8550 東京都江東区有明3-10-6

5.事務局代行

株式会社イベント&コンベンションハウス
担当:宮本浩司、大嶋夏来
〒110-0016 東京都台東区台東4-27-5 秀和御徒町ビル 8F
TEL:03-3831-2601  FAX:03-5807-3019
E-mail:jscc50@ech.co.jp

6.プログラム要項

〈日本臨床細胞学会第50回記念パネル ─臨床細胞学飛躍の展望─〉

座長 平井 康夫(癌研究会有明病院細胞診断部部長(婦人科副部長兼務))
平田 守男(元細胞検査士会会長)

〈日本臨床細胞学会第50回記念講演〉

激動する国際情勢と我が国の進路
演者 中谷 元(衆議院議員・元防衛庁長官)

〈日本臨床細胞学会第50回記念市民公開イベント〉

座長 宇津木 久仁子(癌研究会有明病院婦人科)

〈特別講演〉

がん発生と進展の分子メカニズム ─最近の知見─
演者 野田 哲生(癌研究会研究所所長)

〈会長講演〉

子宮がん征圧をめざす細胞診の課題と展望
─ベセスダシステム、LBC、細胞解析技術、HPV検査の導入─
演者 平井 康夫(癌研究会有明病院細胞診断部部長(婦人科副部長兼務))

〈招請講演〉

1.The Future of Cervical Cytology in the Era of New Technologies and HPV Vaccination
演者 Diane Solomon (Division of Cancer Prevention National Cancer Institute)
2.The Significance of Emerging Analysis Techniques in Cytologic Diagnosis
演者 James Linder (Professor of Pathology and Microbiology, University of Nebraska Medical Center, Omaha, Nebraska, USA)
3.Cervical cancer screening; current status and future trends(仮題)
演者 Philip O. Davies (Director General - European Cervical Cancer Association (ECCA))
4.Clinical Applications of Cytogenetics and FISH in Cytology
演者 Alain P. Verhest (President of the International Academy of Cytology (IAC))

〈シンポジウム〉

1.肺腺癌の分子生物学から臨床まで
座長 野口 雅之(筑波大学大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻診断病理学)
佐藤 之俊(北里大学医学部 呼吸器外科学)
2.日本における子宮頸がん検診のあり方 ─ベセスダシステムの導入をめぐって─
座長 青木 大輔(慶應義塾大学医学部産婦人科)
中山 裕樹(神奈川県立がんセンター 婦人科)
3.子宮内膜病変の病理組織診断と細胞診断の相違について
座長 佐々木 寛(東京慈恵会医科大学付属柏病院 産婦人科)
石 和久(順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院 臨床病理科)
4.乳腺穿刺吸引細胞診精度向上のために ─判定不能症例を減らす工夫─
座長 森園 英智(癌研究会有明病院乳腺科)
森谷 卓也(川崎医科大学 病理学2)
5.がん検診における細胞診の新しい展望
座長 小中 千守((財)化学療法研究所付属病院 呼吸器科)
岩成 治(島根県立中央病院 産婦人科)
6.子宮体癌腹腔洗浄細胞診の今日的話題
座長 寒河江 悟(札幌鉄道病院 産婦人科)
青木 大輔(慶應義塾大学医学部産婦人科)
7.飛躍のためのフレッシュマン向け実践的教育講座
座長 大野 喜作(メディカジャパン・ラボラトリー細胞病理課)
福留 伸幸(千葉科学大学 危機管理部 環境安全システム学科 臨床検査学コース)

〈ワークショップ〉

1.細胞診断難解症例の検討
座長 水口 國雄(帝京大学医学部附属溝口病院 臨床病理科)
三宅 康之(倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命医科学科)
2.膵・胆道疾患の細胞診 ─検体の採取・処理法による細胞像の検討と症例に適った細胞採取法─
座長 内藤 善哉(日本医科大学 病理学講座(統御機構・腫瘍学))
中泉 明彦(京都大学医学部人間健康科学科)
3.甲状腺濾胞性腫瘍の細胞診
座長 覚道 健一(和歌山県立医科大学医学部 第2病理学教室)
亀山 香織(慶應義塾大学 医学部 病理診断部)
4.明日から役立つ尿細胞診の実際
座長 金城 満(新日鐵八幡記念病院 病理部)
西 国広((株)エスアールエル福岡ラボラトリー)
5.ベセスダシステムに準拠した子宮頚がん検診におけるコルポスコピーの役割
座長 植田 政嗣((財)大阪がん予防検診センター 婦人科検診部 部長)
梅澤 聡(武蔵野赤十字病院 婦人科)
6.妊婦の細胞診異常と組織診や円錐切除の適応条件
座長 喜多 恒和(帝京大学医学部 産婦人科 准教授)
深澤 一雄(獨協医科大学 産婦人科)
7.悪性中皮腫のプラクティカル・サイトロジー(形態学から報告書まで)
座長 岡 輝明(公立学校共済組合関東中央病院病理科)
濱川 真治(公立昭和病院 病理科)
8.サイトメトリーによる細胞解析と臨床応用(日本サイトメトリー学会合同ワークショップ)
座長 坂本 優((財)佐々木研究所附属杏雲堂病院 婦人科)
佐々木 功典(山口大学大学院医学系研究科分子病理学)
9.「病理診断科」における細胞診のあり方
座長 稲山 嘉明(公立大学法人横浜市立大学附属病院 病理部)
水口 國雄(帝京大学医学部附属溝口病院 臨床病理科)
10.胸腔内洗浄細胞診
座長 馬場 雅行(独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 治療課)
池田 徳彦(東京医科大学病院 外科第一講座)
11.LBC標本の細胞形態学的検討 ─従来法との比較を通して─
座長 鷲谷 清忠(弘前大学医学部附属病院 病理部)
九島 巳樹(昭和大学病院 病院病理科)

〈教育講演〉

1.婦人科細胞診のピットホール
演者 大塚 重則(PCLジャパン病理・細胞診センター)
2.子宮頸がん検診 ─日本の成功と失敗から学ぶ─
演者 今野 良(自治医科大学附属さいたま医療センター 産婦人科)
3.尿路上皮腫瘍の細胞診断 ― WHO分類と膀胱癌取扱い規約の乖離
演者 松嵜 理(君津中央病院 病理検査科)
4.子宮頸部上皮内病変の病理組織学的リスク評価
演者 古田 玲子(癌研究会 癌研究所 病理部)
5.FIGO婦人科がん進行期分類改訂の最新情報
演者 寒河江 悟(札幌鉄道病院 産婦人科)
6.子宮頸部悪性腺腫の臨床病理と細胞診
演者 加来 恒壽(九州大学大学院 医学研究院 保健学部門)
7.ホルモンと婦人科腫瘍
演者 生水 真紀夫(千葉大学大学院 生殖機能病態学)
8.子宮内膜細胞診に関する新知見 ─形態学的・分子生物学的解析─
演者 大野 英治(倉敷芸術科学大学生命医科学科主任教授 加計学園細胞病理学研究所所長)
9.細胞診・HPV検査併用子宮頸がん検診 ─高精度・効率化をめざして─
演者 岩成 治(島根県立中央病院産婦人科)
10.LBC,細胞診HPV併用検査の評価と今後の課題
演者 濱島 ちさと(国立がんセンターがん予防・検診研究センター)
11.子宮がん検診におけるHPV-DNA 検査の導入の意義
演者 井上 正樹(金沢大学産婦人科教授)
12.子宮頚部腺系病変・・Lobular endocervical gland hyperplasia(LEGH)を中心に
演者 笹島 ゆう子(国立がんセンター 中央病院 臨床検査部)
13.診断可能な標本を作成するための甲状腺穿刺吸引細胞診の実際
演者 廣川 満良((医)神甲会隈病院 病理細胞診断部)
14.HPV DNA Testing: Practical Aspects and Clinical Validation
演者 Ming Guo(Departments of Pathology, The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center, Houston, Texas, USA)
15.口腔がん検診における細胞診 ─細胞検査士と専門医の役割─
演者 田中 陽一(東京歯科大学 市川総合病院 臨床検査科病理)
16.肺癌の組織型と細胞診
演者 廣島 健三(千葉大学大学院医学研究院診断病理学)
17.細胞診に必要な脳の肉眼解剖
演者 小島 英明(三菱化学メディエンス病理細胞診センター)
18.ベセスダ2001に準拠した記述式子宮内膜細胞診報告様式
演者 矢納 研二(JA三重厚生連 鈴鹿中央総合病院 婦人科)
19.早期子宮体癌の内膜細胞診所見
演者 杉山 裕子(癌研究会 有明病院 婦人科)

〈バーチャルスライドカンファレランス〉

座長 石井 保吉((財)東京顕微鏡院 臨床検査部細胞病理診断科)
岡 輝明(公立学校共済組合 関東中央病院 病理科)

〈国際フォーラム〉

Current status of clinical cytology in Asian countries;with special note on educational system for cytotethnologists
座長 Teruaki Oka(Department of Pathology Kanto Central Hospital, Japan)
Midori Nagao(Arakawa City Health Center, Japan)

〈医療安全(特別講演)〉

多発する病理細胞診に関わる医療紛争を考える
演者 麻生利勝(大東文化大学法科大学院、麻生総合法律事務所)

〈医療安全(セミナー)〉

座長 川本雅司(日本医科大学付属病院病理部)

〈班研究報告〉

甲状腺低分化癌の細胞学的特徴の究明
演者 坂本 穆彦(杏林大学医学部 病理学講座)

〈細胞検査士要望教育シンポジウム〉

甲状腺低分化癌の細胞学的特徴の究明
座長 是松 元子(埼玉社会保険病院 病理部)
竹中 明美(大阪府立成人病センター 臨床検査科細胞診)

〈細胞診断学推進協会フォーラム 子宮がん検診とHPV パート3〉

座長 藏本 博行(神奈川県予防医学協会)
半藤 保(新潟青陵大学)

〈細胞診専門医会〉

HPV予防ワクチンの有効性と限界
演者 川名 敬(東京大学医学部産婦人科)

〈一般演題〉

7.演題募集

演題募集は平成21年1月7日(水)をもって終了しました。
多数のご登録ありがとうございました。

8.託児室について

京王プラザホテルには託児施設がございます(有料)。ご利用される方は直接ホテルまでお申し込み下さい。

京王プラザホテル 託児施設
TEL:03-3344-0111(ホテル代表) 03-3345-1439(直通)

第50回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
会長 平井 康夫
プログラム委員長 竹島 信宏

▲ページ最上段へ